当協会について当協会について

新卒採用

役員メッセージ

メッセージ

【役員からのメッセージ】
関東電気保安協会 常務理事 鈴木 隆治

1)協会が求める人材

活躍できる人を採用したい

協会に限らず、企業で「活躍できる人」とは「売上増加」「コスト削減」など、会社の利益をあげるために貢献できる人です。

ただし、それらを上司から言われて実行するのでは、「活躍している」とまでは言えません。「自ら考えて行動できる人」が真に「活躍できる人」と言えるでしょう。

また、「自ら考えて行動できる人」には、「行動軸」があります。その「軸」が最初は間違っていても構いません。行動軸を持っている人は、経験を積むたびにそれを修正し成長するのです。こうして経験を重ねることで成長していき、会社の中でもより活躍できる人材になるでしょう。私たちはそのような人の入社を心待ちにしています。

加えて次の要素を兼ね備えた人

協会の仕事は、チームで仕事をすることが多くあります。気配り、協調性、人の話を聞き、理解できる人、謙虚さ、そして約束や時間を守ることが必要となってきますね。

仕事内容は、お客さまと接する仕事であるため、お客さまからの印象やお客さまへの対応は非常に大切です。
そして、お客さまからの質問にお答えするための知識を身につけるため、近年では入社した職員全員が第三種電気主任技術者の試験合格を目指しています。その合格のためには、学校で身につけた基礎力・学ぶ姿勢が求められます。

また、熱意も大切です。熱意をもち常に真面目に取り組む人、そのような人たちの目は必ず輝いているものです。その輝きが協会に活気をもたらすことにつながるでしょう。

2)関東電気保安協会の現状

わが国の経済状況は回復の動きが続き、電力需要も増加の兆しを見せています。

電力業界を取り巻く状況を見ると、東日本大震災で電力の供給に支障が生じ、計画停電や電気事業法第27条による電力使用制限令などが実施されたことは記憶に新しく、国により電力供給体制の改革が検討されています。

その大きな目玉は、「電力の小売全面自由化」「料金の多様化」「発電の全面自由化」「卸電力市場の活性化」「発送電分離」といわれています。電力供給のあり方は、従来の需要に合わせて供給する安定供給から供給制約を見ながらの需要調整(デマンドレスポンス)に変化しています。

このような状況下、一時、自由化の影響を受け業績を落とした当協会でも、一般財団法人への移行を機に、設備更新等ワンストップでお応えできる体制の整備、多機能監視装置による電力監視サービスの展開、総合監視指令センターの全事業本部運用開始及び携帯端末機のリニューアルなど、サービスの向上に努めてきました。

その結果、収支面においては、前中期経営計画で掲げた『V字回復の達成』を実現しました。

3)今後の展望

(1)お客さまからの信頼による契約数の増加

協会は、経営理念に掲げたとおり、お客さまに電気を安全で効率的にお使いいただくためのサービスを通じて、快適で安心できる社会の実現に貢献することをミッションとしています。
今後もお客さまから信頼され、協会を選んでいただき、契約数を増加させていくことが、協会組織を健全に継続させることになります。

(2)人材育成制度の強化

そのためには、協会職員の育成が大切であり、自己啓発を推進するための支援はもちろんのこと、技術・技能の進歩を見据えた教育・訓練カリキュラムを見直し、研修施設の設備を充実させていくことが肝要です。

(3)お客さまサービスの更なる充実

工場や事務所ビルの産業界及び家庭においても必要不可欠な電気設備が停電等の事故を起こすことなくお客さまに電気を安心して安全にお使いいただくため、協会は日々調査業務及び保安管理業務における点検や電気安全に関する啓発等を真摯に実施していくことは言うまでもありません。
お客さまのニーズにお応えするためには、24時間365日お客さまの電気設備の漏電状態等を監視する漏電監視サービス、省エネルギー・省マネーに貢献するデマンド監視サービスの更なる充実を図っていく必要があるでしょう。

また、お客さまに電気設備を安心して安全にお使いいただくためには、電気設備の予防保全が重要であることから、高圧絶縁監視、電力監視等の開発及び各種センサーを用いた多機能監視サービスを拡大していくことが肝要です。

(4)他保安協会との連携

全国の保安協会が更なる連携を強化し、全国展開しているお客さまの窓口を一本化するなどのサービスを充実させ、競争に打ち勝つ組織を作ることが肝要です。

(5)将来の変化に柔軟に対応

これまでに挙げた取り組みを将来に亘り取り組み、協会を取り巻く状況の変化にも柔軟な対応ができるようにしていかなければなりません。

共感できた人、必ず電気設備保安管理の「プロ」に成長できます

これまでの話で共感できた部分はありましたか?
共感できた人はぜひ関東電気保安協会で共に仕事をしましょう!
もし入社していただければ、充実した研修制度と研修施設により必ず、電気設備保安管理のプロフェッショナルに育てます。
電気を通じて社会に貢献したいという方、お待ちしております。