1. ホーム
  2. サービス内容
  3. 個人のお客さま

サービス内容 個人のお客さま

電力会社等からの委託を受けて、ご家庭などの電気設備の調査・コンサルティングを行っています。

ご家庭や商店、小規模の工場など電力会社から低圧で電気の供給を受ける一般用電気工作物については、電線路維持運用者もしくは国に登録された登録調査機関が電線路維持運用者から委託を受け電気設備の調査をすることと、法律で定められています。
当協会は登録調査機関として、お客さまの電気安全を守るため一軒一軒訪問し、電気設備の調査を実施することで、お客さまに安心をお届けしています。

定期調査


定期調査(問診)

原則として4年に1回、お客さま宅を訪問して、ご使用中の電気設備が国で定めた電気設備技術基準等の安全基準に適合しているか点検を行い、その結果をお知らせします。その他、お客さまが電気をご使用になる上でお困りのことやご質問にお答えしたり、電気の安全な使い方や省エネルギーなどのご相談もお受けしています。

  • 調査業務のご案内(イラスト)
  • 調査業務のご案内(動画)

Get Adobe Flash Player 動画の再生にはAdobe Flash Playerが必要です
ダウンロードはこちら

竣工調査


点検結果の報告

お客さまが電気設備を新設または変更した場合、その工事が完了した後、国で定められた電気設備技術基準等の安全基準に適合し、安全に電気が使用できるか点検を行い、その結果をお客さまにお知らせします。

受託調査

竣工調査、定期調査のほか、お客さまからのご依頼に応じて有償で電気設備の点検をお受けしています。

調査は誰が行うの?

この調査は、電気事業法第57条において、「電線路維持運用者は、その電気設備が経済産業省令で定める技術基準に適合しているかどうかを調査すること。」とあり、調査の義務が課せられております。 また、同法第57条の2により「経済産業大臣の登録を受けた者(登録調査機関)にその業務を委託することができる」となっています。これにより、保安協会等の登録調査機関はこうした法令に基づいて委託を受けて業務を行っております。

「電線路維持運用者」とは一般電気工作物と直接に電気的に接続する電線路を維持し、及び運用する者を言います。

このページの上部へ