当協会について当協会について

新卒採用

職員紹介・調査業務

具体的な仕事内容

プロフィール

神奈川事業本部

K.Y

2012年入社

これが私の仕事
お客さまと出会う毎日が、私を成長させる『調査の仕事』

調査業務は、電気をお使いのお客さまを一軒ずつ訪問し、電気設備が安全かどうかを点検する仕事です。

お客さまは一般のご家庭や小さな店舗など様々で、たくさんの種類の電気設備に接する機会があります。
加えて、お客さまから電気に関する質問などを受けることもあり、毎日のように知らないことにぶつかります。最初は先輩方にアドバイスをいただくことが多かったのですが、経験を積むうちに、似た状況に直面しても自分の力で解決できるようになり、そのような時に自らの成長を実感できます。

また、様々なケースに接し、毎日勉強できることが、この仕事の面白みだと思います。
お客さまと接する仕事なので、感謝の言葉を直接いただける機会が多いのも大きなやりがいです。

「どんな異常も見逃さない!!」責任感とやりがいで、
このエリアは自分が守る!

一番うれしかったエピソードは?

ひと月分の担当エリアをやり終えた瞬間が嬉しいです。

調査業務のうちの一つである、定期調査では、毎月一つの地区を割り当てられ、エリア内の住宅・商店・街灯から自動販売機まで、電気が供給されている設備をすべて点検します。
大多数の正常な設備の中から、数少ない異常を見逃さないようにすることが大変です。
私は、異常が起きやすい箇所をリストアップするなどして、手早く確実な点検ができるように工夫しました。
その他、お客さまへの分かりやすい説明の工夫、時間の使い方、電話対応など、学ぶことは多くあります。

苦労することもありますが、どこか高いところから自分が点検したエリアを一望すると、あのエリアは自分が全部点検したのだという達成感を感じます。
同時に責任と緊張も押し寄せますが、やはり嬉しい瞬間ですね。

『幅広い事業展開』と『ワークライフバランスの充実』が魅力

私がこの会社を選んだ理由

会社を選ぶ際に注目したのは、仕事の内容が『自分の興味にあっているか』という点です。

私は強電に興味があったので、送配電に関わる仕事を検討していました。
具体的には、電力インフラや送配電機器メーカー、鉄道会社などです。

そのような中、協会のインターンシップを通し、実際に電気が使われている現場で働くことが、メーカーで物を作るより自分には合っていると感じました。
その後参加した説明会では、社内の雰囲気の良さを感じ、職員の一人ひとりのプライベートが充実していることなどが、入社の決め手となりました。

また、色々な経験をしたいと考えていたので、協会が幅広い事業展開を行っているという点も大きな魅力でした。
就職活動時のイメージと何ら変わらない職場で、協会で働けてよかったと思っています。