当協会について当協会について

新卒採用

職員紹介・保安業務

具体的な仕事内容

プロフィール

東京北事業本部 練馬事業所

M.O

2007年入社

これが私の仕事
経験とチームワークで技術を受け継ぐ、それが『保安業務』

検査業務は、高圧受電設備の保安管理業務および設備の点検・整備(試験・技術業務)を行う仕事です。

検査員(電気主任技術者)としてお客さまを受け持つためには、電験三種を取得して4年の実務経験が必要なため、主に検査員の補助者として経験を積みます。そのため、訪問するのは、初めての現場が多いです。
先輩職員の仕事の動きを見て学び、知識や経験を養い、経験を重ねていくうちに高圧受電設備のしくみで、なぜこのような保護継電器が設置されているかなど理解できるようになり、仕事が楽しくなってきます。

また、年次点検などでは、組作業という複数人での作業があり、その際に仕事の内容を理解していると作業者同士の連携が良くなり、チームで仕事をする面白みを感じることが出来ます。

緊張感のある現場で行う緻密な作業。それを完遂したとき、感じるやりがい

一番うれしかったエピソードは?

ある設備の点検・整備(試験・技術業務)の際に、私は保護継電器の細密点検の担当になりました。

点検を行う前にどのような継電器が設置されているかを調べると普段あまり目にかからないものでした。
メーカーの参考書等で調べ、注意点をメモし当日スムーズに作業できるように工夫したり、試験器もより精密な機器を使用するので、事前に練習して分からないことは先輩に教わり覚えました。

継電器試験での失敗は設備の破損につながるため、お客さまの電気設備では絶対に失敗できません。
そういった緊張の中で、滞りなく点検を終えたときにはやりがいを感じました。
また、一緒に作業した経験豊富な先輩に「よく勉強したね」と言っていただいたことは、自分の大きな自信になりました。

電気に関する知識を活かし、プロとして社会に貢献していきたい

私がこの会社を選んだ理由

高校、大学と7年間電気の勉強をしてきたので、その7年間を活かした職に就きたいと考えていました。
入社した決め手は、保安協会には経験豊富な先輩職員が大勢在籍しているので、その経験を受け継ぎ、技術者として社会に貢献できると考えたからです。

また、研修や資格取得(中でも電験三種)のフォロー体制が充実しているので、当時資格を持っていなかった自分でも活躍していけると感じました。