1. ホーム
  2. 電気のお役立ち情報
  3. 家庭の省エネ情報
  4. ダイニングキッチンの省エネ

電気のお役立ち情報 家庭の省エネ情報

奥さま必見の、ご家庭で出来る省エネお役立ち情報をご紹介しております。エコライフで家計の節約にご活用ください!

省エネワンポイントレッスン

ダイニングキッチンの省エネ

電子レンジ

野菜の下ごしらえに電子レンジを活用!

冷蔵庫

ものを詰め込みすぎない

無駄な開閉はしない

開けている時間を短く

設定温度は適切に

壁から適切な間隔で設置

食器洗い乾燥機

洗浄後は扉を開けて余熱で乾燥させると省エネ

洗浄後は扉を開けて余熱で乾燥させると省エネ

電気炊飯器

炊飯釜で保温する場合と電子レンジで温め直し。どちらが省エネ?

1

2

3

4

4

電子レンジ

野菜の下ごしらえに電子レンジを活用!

1日1回100gの食材を1Lの水(27℃程度)に入れて沸騰させ煮る場合と、電子レンジで下ごしらえをした場合(食材の量等により異なります)

●葉菜(ほうれん草・キャベツ)の場合

約1,130円節約

約12.5kg削減

約6.3L節約

●果菜(ブロッコリー・カボチャ)の場合

約1,220円節約

約13.3kg削減

約6.7L節約

●根菜(ジャガイモ・里芋)の場合

約1,140円節約

約10.9kg削減

約5.5L節約

食器洗い乾燥機

使用する時はまとめ洗いを!

約10,760円節約

給湯器(40℃)、使用水量65L/回(冷房期間は、給湯器を使用しない)の手洗いの場合と給水接続タイプで標準モードを利用した食器洗い乾燥機の場合との比較

手洗い、食器洗い乾燥機ともに1日2回使用

冷蔵庫

ものを詰め込み過ぎない

約960円節約

約21.3kg削減

約11.1L節約

詰め込んだ場合と、半分にした場合との比較

無駄な扉の開閉はしない

約230円節約

約5.1kg削減

約2.6L節約

JIS開閉試験 ※開閉を行った場合と、その2倍の回数を行った場合との比較

開けている時間は短く

約130円節約

約3.0kg削減

約1.5L節約

開けている時間が20秒間の場合と、10秒間の場合との比較

設定温度は適切に

約1,360円節約

約30.1kg削減

約15.6L節約

周囲温度22℃、設定強度を「強」から「中」とした場合

壁から適切な間隔で設置

約990円節約

約22.0kg削減

約11.4L節約

上と両側が壁に接している場合と、上と片側が接している場合との比較

※JIS開閉試験:冷蔵庫は12分毎に25回、冷凍庫は40分毎に8回で、開閉時間はいずれも10秒

電気炊飯器

炊飯釜で保温する場合と電子レンジで温め直し。どちらが省エネ?

ごはんを炊飯器で保温するには、4時間までが目安です。保温のためのエネルギーより、電子レンジで温め直すエネルギーの方が少なくなります。

●炊飯釜で保温する場合

  • 3合炊いて1.5合食べる
  • 残りを4時間保温
  • 4時間後1.5合食べる

●電子レンジで温め直す場合

  • 3合炊いて1.5合食べる
  • 1.5合を電子レンジで加熱して食べる

※省エネルギ―センター調べ(2014年版)

  • 電気料金22円/kWh
  • 各数値は年間で使用した場合

このページの上部へ