1. ホーム
  2. 電気のお役立ち情報
  3. 電気相談事例集
  4. 電気器具
  5. 詳細

電気のお役立ち情報 電気相談事例集

よくあるご相談事例をご紹介いたします。電気のトラブル対処等にお役立てください。

電気器具の事例

エアコン室外機のアース工事について

質問

エアコンの室外機本体にアース工事が必要な場合を教えて下さい。
また、室外機の設置場所として、

  1. 庇のあるベランダ
  2. 雨水がかかるコンクリートの土間の上
  3. 電圧が100V又は200V
  4. 室内コンセントにアース端子の有無

などの場合などで変わりますか。

答え

エアコンの室外機など、機械器具の鉄台、金属製外箱にはD種接地工事を施すことが内線規程の1350-2に定められています。ただし、次の各号のいずれかに該当するものは、この限りではありません。

  1. 使用電圧が直流300ボルト又は交流対地電圧150ボルト以下の回路で使用するものを乾燥した場所に施設する場合
  2. 低圧用の機械器具を乾燥した木製の床、畳、合成樹脂製タイル、石、リノリウムなどの絶縁性の物の上に施設する場合
  3. 機械器具を人が触れる恐れがないように木製の架台などの絶縁性のあるものの上に施設する場合
  4. 鉄台又は外箱の周囲に作業者のために適当な絶縁台を設ける場合
  5. 外箱のない計器用変成器がゴム、合成樹脂その他の絶縁物で被覆したものである場合
  6. 電気取締法の適用を受ける二重絶縁構造の機械器具を施設する場合
  7. 低圧用の機械器具に電気を供給する電路の電源側に絶縁変圧器(二次電圧が300ボルト以下であって、定格容量が3kVA以下のものに限る。)を施設し、かつ、当該電路を接地しない場合
  8. 水気のある場所以外に施設する低圧用の機械器具に電気を供給する電路に電気用品取締法の適用を受ける高感度高速形漏電遮断器(定格感度電流が15ミリアンペア以下、動作時間が0.1秒以下の電流動作形のものに限る。)を施設する場合

ご質問の1、2及び3について

エアコンの室外機の場合、内線規程のただし書き「1」により、対地電圧150ボルト以下の場合は
雨線内であれば、接地工事を省略することができます。三相200ボルトの場合は、対地電圧が200ボルトですので、「1」に該当しません。よって雨線内であっても接地工事は必要となります。

ご質問の4について

原則D種接地工事の必要性はコンセントのアース端子の有り・無しにかかわらず、上記の通りとなります。ただし、100ボルト機器などでD種接地工事が不要な場合でも、コンセントにアース端子があり、容易に取り付けられる場合は安全のため取り付けることをお勧めします。

このページの上部へ